キャンプデビューへの気持ちを高める

>

男には突然アウトドアに目覚める瞬間がある

この記事をシェアする

手軽に始められるオートキャンプとは?

おススメしたいのは、オートキャンプです。
キャンプ場の決められたスペースまで車で乗り入れ可能なキャンプのことで、荷物の持ち運びがかなり楽になります。

キャンプ場にもよりますが、設備の整ったコテージがあるところで一度泊まってみるのもいいと思います。

もうひとつはデイキャンプ、日帰りキャンプのことになりますが、火起こしから始めるバーベキュー体験というのもおススメです。
そこで火起こし経験、炭を使ってみてどれくらい時間がかかるか、を知ることができます。
バーベキューでは、大人数でとにかく野菜やお肉を焼いてみんなでわいわい食べるというイメージですが、キャンプですともう少し料理の幅が広がります。次の日の朝食なども簡単に作れるものがあると一泊したという気分が楽しめます。

ここから始めよう(道具編)

キャンプを始めよう!!と言ってもよく分からない道具を集めることを考えると尻込みしてしまいます。

ご飯も食べて寝泊りするわけですから、あれやこれやと必要な物が出てきてしまい、費用も置く場所もかさんでしまうこと請け合いです。
まずは家にある物や100均、キャンプ場で借りるという手段もありますので最初から慌てる必要はありません。

私たちがこれだけあればいいかな、と最初に持っていったものをご紹介します。
まずはテントと寝袋。そしてあらかじめ買出しに行った時に食材を保存するクーラーボックス、バーベキューコンロ。
テント内やサイトには電気はないので明かりが必要です。
ランタンはLEDライトのものや燃料のものや形も様々ありますので雰囲気に合わせて2つくらいあるといいかもしれません。
そしてチェアとテーブル、テーブルだけで立ち食いもありですが、景色を見ながらのんびりするのに必要です。